よくお問い合わせをいただくご質問を集約しております。

※マイナーバージョンの違いや更新時期によって、FAQに記載されている手順や画像の内容に差異がある場合がございます。ご不明な場合は、弊社までお問い合わせいただきますようお願いいたします。


カテゴリから探す

よく利用される記事

回答

以下のケースに当てはまる場合、初期設定でメールの送信ドメイン認証(SPFレコード)の設定をおこなっております。

当該ドメイン名のプライマリDNS サーバを、Plesk9 以降をご契約サーバにて運用される場合、送信ドメイン認証(SPFレコード)が初期設定にて設定されます。

※「対象ドメインのDNSサーバ運用例」
    ns.example.com (Plesk9 環境のご契約サーバ)
    nsx.clara.ne.jp

初期設定にて設定されるSPF レコードは以下の通りです。

    初期設定  v=spf1 +a +mx ~all

設定内容は、「ドメイン名のA レコード」、および、「MXレコードで指定されるホスト名のIPアドレス」からの送信のみを許可し、許可されていないIP アドレスからの送信は、SoftFail と判定される設定となります。

Category: メール

回答

恐れ入りますが、弊社ではDNS 切替につきましては、基本的には時間指定を受け付けておりません。
お客様のご都合上、時間指定が必要でございましたら、DNS 切替ご希望日の2、3営業日前までにお問い合わせください。作業日程をできる限り調整させていただきます。また、営業時間外のDNS 切替のご依頼は受け付けておりません。

Category: DNSサービス

回答

Plesk のサイトプレビュー機能では、一部機能制限が存在し、CGIやPHPなどの動的なページでは動作が正常に行われない場合があります。
CGIやPHPの動作を確認する場合は、以下のFAQの方法をお試し下さい。

IPアドレスでアクセスしてサイトを確認したい(Pleskの場合)

DNS の切替前に ドメイン名で新しいサーバの Web サイトを確認することは出来ますか?

■問題点

Google Chrome から DNS Manager コントロールパネルにログインや操作しようとすると、エラーメッセージが出て操作できません。

<< エラーメッセージ例 >>
データを受信していません。
サーバーからデータが送信されないためウェブページを読み込むことができません。
エラー 324 (net::ERR_EMPTY_RESPONSE): サーバーはデータを送信せずに接続を切断しました。
接続は完全には保護されていません。
このサイトでは古いセキュリティ設定を使用しています。このサイトにパスワード、メッセージ、クレジット カードなどの情報を送信すると流出する恐れがあります。NET::ERR_SSL_OBSOLETE_VERSION

対象サービス

DNS Manager コントロールパネルを利用する全てのサービス

■原因

DNS Manager コントロールパネルに対応しないブラウザがあるため、ブラウザによって操作できない場合があります。

解決方法

アクセス時のURLを www. を利用したものに変更してください。
DNS Manager : https://www.nsx.clara.co.jp:8550/

それでも解決しない場合、ご利用ブラウザをGoogle Chrome以外にて操作をお試しください。

Category: DNSサービス

回答

既に弊社のサーバサービスで、メールを運用している場合もご利用いただくことが可能です。
メールサーバに Google APPS を使用する場合は、メールサーバを弊社サーバではなくGoogle APPS に変更します。

設定方法等
使用する場合は、対象ドメインのプライマリネームサーバが弊社でご契約いただいたサーバ自体、もしくは弊社のプライマリ・セカンダリDNSサービスをご利用いただいている場合は、お客様にて Google APPS用の MXレコード等の編集・追加を行っていただくことができます。

もし、対象ドメインのネームサーバが、全て ***.clara.co.jp  となっております場合には、お客様側での変更作業はできませんので、ネームサーバレコード内容変更申込書
 を用いてご申請いただくこととなります。(有償 )

なお、Google APPS用の MXレコード等の内容・設定方法につきましては弊社サポートの対象外となりますので、お客様側でご確認下さい。

Category: メール

1.DNSマネージャへログインします

ログイン方法につきましては、こちらのページをご参照ください。

2.TTLを変更するDNSゾーンを選択します。

3.『ゾーンSOAレコード』を選択します。

4.TTLの値を修正し、OKを選択します。

※TTLの値は秒単位でご指定ください
  例:5分 → 300
    1時間 → 3600
    1日 → 86400

Category: DNSサービス
Tags: DNS, TTL, TTL値

回答

Windows 上で切替先のネームサーバの応答を確認する方法と致しましては、コマンドプロンプトを使って確認いただくことができます。

nslookup “ドメイン名” ”切替先DNSサーバ”

表記例) DNS切替対象のドメインclara.co.jp、切替先ネームサーバがhnd.clara.co.jpおよび、s11.clara.co.jpの場合のnslookupコマンドでの確認方法

nslookup clara.co.jp hnd.clara.co.jpを入力

サーバー:  hnd.clara.co.jp
Address:  110.50.240.149

名前:    clara.co.jp
Address:  182.50.106.151

nslookup clara.co.jp s11.clara.co.jpを入力

サーバー:  s11.clara.co.jp
Address:  202.51.9.11

名前:    clara.co.jp
Address:  182.50.106.151

切替先ネームサーバが正常に応答を返さない場合の表示例

*** s11.clara.co.jp が clara.co.jp を見つけられません: Query refused

応答がタイムアウトした場合の表示例
DNS request timed out.
    timeout was 2 seconds.
DNS request timed out.
    timeout was 2 seconds.
DNS request timed out.
    timeout was 2 seconds.
DNS request timed out.
    timeout was 2 seconds.
*** s11.clara.co.jp への要求がタイムアウトしました

権威DNSに対して問い合わせをおこないQuery refusedという文字が返ってきた場合は、DNSの切替前に設定のご確認をお願いします。上記出力のままネームサーバの切替を実施した場合、名前解決ができない、もしくは名前解決が不安定になり障害が発生します。

プライマリDNSの応答が正常にあり、セカンダリDNS(nsx.clara.co.jp)の応答が正常にない場合は、下記URLより設定の追加をお願い致します。

セカンダリDNSサービス

Category: DNSサービス

回答

Windows 上での確認方法と致しましては、下記コマンドプロンプトでの方法がございます。

DNS上、正逆一致の場合の表示結果 ※応答文字列が同一文字であれば、正逆一致しております。

表記例)  契約サーバIPアドレス(202.45.166.52)場合のnslookupコマンドでの確認方法

nslookup 202.45.166.52 を入力

nslookup 202.45.166.52
サーバー:  UnKnown
Address:  “キャッシュDNSサーバIPアドレス表示”

名前:    support.clara.jp
Address:  202.45.166.52

nslookup support.clara.jp を入力

nslookup support.clara.jp
サーバー:  UnKnown
Address:  “キャッシュDNSサーバIPアドレス表示”

権限のない回答:
名前:    support.clara.jp
Address:  202.45.166.52   ————————————————————————————————

DNS上、正逆不一致の場合の表示結果

下記の場合は、正引きがDNS上公開されていない場合の応答結果となります。

表記例)  契約サーバIPアドレス(182.50.106.101)場合のnslookupコマンドでの確認方法

nslookup 182.50.106.101 を入力

サーバー: UnKnown
Address: “キャッシュDNSサーバIPアドレス表示”

名前: sola-182-050-106-400.jp.solacloud.net
Address: 182.50.106.101

nslookup sola-182-050-106-400.jp.solacloud.net 場合のnslookupコマンドでの確認方法

nslookup sola-182-050-106-400.jp.solacloud.net を入力

サーバー: UnKnown
Address: “キャッシュDNSサーバIPアドレス表示”

DNS request timed out.
timeout was 2 seconds.
DNS request timed out.
timeout was 2 seconds.
*** UnKnown への要求がタイムアウトしました

※正逆が一致していないサーバからメールを送信した場合には、送信先のメールサーバによってはスパム判定される場合がございます。そのため、サーバのホスト名(逆引きホスト名の文字列)を適切に変更いただき、ご運用をいただくことをおすすめしております。
なお、弊社では逆引きホスト名を修正される場合には、ホスト名変更申込みフォーム よりお申込みをいただきますようお願いいたします。

Category: その他(一般)

平日の早い時間帯が最適です。

■解説
一般的にネームサーバ切替やレコード情報の変更作業を、土日や夜間におこないたいというご要望をいただく傾向があります。
しかし、これらの作業を行う場合は、以下の2点に注意して、作業タイミングを決めてください。

(1) DNS 浸透期間について
ネームサーバ切替やレコード情報の変更作業は、変更と同時にすぐに切り替わる訳ではなく、ある程度の期間を浸透期間として見越す必要があります。
そのため、弊社ではサーバ移行をおこなう際は、変更作業後2週間程度、サーバの並行運用を推奨しています。
サーバの並行運用をおこなうことで、利用者の少ない時間帯や業務に支障が少ない時間帯を選んでネームサーバ切替やレコード情報の変更作業をおこなう必要がなくなります。

(2) 影響範囲について

ネームサーバ切替やレコード情報の変更作業後は、予測できないトラブルが発生しやすいタイミングです。
万が一のトラブル(コンテンツやアカウントの移行漏れ・作業の切り戻し等)に対応が出来るように、週末や夜の作業を避ける必要があります。また、お客様にて変更作業をおこなわれる場合でも、万が一のトラブルに対応が可能な日時を選んでいただくことが大切です。

以上の2点をふまえて、弊社からは平日の早い時間帯に切り替え作業を行うことをお勧めしています。お客様のご都合を加味して最終的な切り替え作業タイミングをご検討ください。

弊社対応について

週末の夕方を作業時間として指定いただく場合がありますが、弊社では平日夜間・土日はサーバ再起動のみ対応させていただいています。
そのため(週末の夕方に)作業した結果、万が一のトラブルが発生しても、弊社での対応は翌営業日になりますので、出来る限り避けていただくことをお勧めしています。どうしても希望される場合は、この点を予めご了承の上、作業日時をご指定ください。

※これらは一般的なサーバ移行に伴う変更作業についての説明です。お客様特有の事情がある場合はこの限りではありません。

SolaCloudNanoサービスにつきましては、DNSサービスは含まれておりません。SolaCloudNanoサービスをご利用の際のDNSサーバのご利用については、お手数ではございますがお客様側でご用意頂くか弊社オプションサービスをご利用下さい。

【DNSサービス】
https://www.sthark.com/domain-dns/

※なお、設定内容(レコード情報)につきましては、開通後に管理画面上からお客様にてご変更いただくことが可能でございます。
弊社での設定変更をご希望の場合は、有償となります事ご了承下さい。

■DNSサービスご利用方法
https://spt.clara.jp/manual/server/dns/