問題点

Pleskを利用していて別のドメインで、同じ名称のメーリングリスト名が作成できません。

■原因

メーリングリストソフトウェア(Mailman) の仕様として、同一サーバ上ではドメイン名が異なっていても同じ名前のメーリングリストは作成できない仕様となっております。

解決方法

メーリングリスト名は、別のドメインで重複した名前を利用することができませんが、通常のメールアドレスは、ドメイン名が異なれば重複した名前を利用することが可能です。
このことを利用し、転送メールアドレスの設定と、メーリングリストの設定を工夫することで、重複する名前のメーリングリストを擬似的に使えるようにする方法をご紹介します。

例:利用したいメーリングリスト用アドレスは all@example1.jp と all@example2.jp

all@example1.jp がすでに存在する場合、all@example2.jp はアカウント部分が重複するため、通常の設定では作成することができません。
そのため、all2@example2.jp というメーリングリストを作成し all@example2.jpにメールの転送設定をおこないます。

まず、example2.jp ドメインで 「all2」という名前のメーリングリストを作成します。その後、通常のメールアドレスとして 「all」というアカウントを作成し、当該設定を行う際に、メールボックスの設定箇所のチェックボックスをOFFの状態にし、「all2@example2.com」にメールを転送する設定を行います。

次にMailmanの設定変更をおこないます。
Plesk画面より、「all2」メーリングリストのMailmanの管理画面に移動して、以下の設定変更を行ってください。

1.別のReply-To:アドレスの設定

Mailmanの初期設定では、メーリングリストへ投稿したメールの返信先アドレスはメーリングリストのアドレス「all2@example2.com」が指定されています。こちらを「all@example2.com」が指定されるように変更します。

[全体的オプション]→[別のReply-To:アドレス]

[投稿された記事の返信先を選んでください]→[別のアドレス]にチェック

[別のReply-To:アドレス]に 「all@example2.com」 と指定

一番下の[変更を送信する]ボタンを押します。

2.reply_goes_to_listの設定

Mailmanの初期設定では、メーリングリストへ投稿したメールの返信先アドレスはメーリングリストのアドレス「all2@example2.com」が指定されています。返信時に「all@example2.com」が指定されるように変更します。

[全体的オプション]→[投稿された記事の返信先を選んでください。 ほとんどのメーリングリストでは 投稿者 を選ぶことを 強く 推奨します。]の項目には、[別のアドレス]もチェック

3.宛先フィルタの設定

Mailmanのデフォルト設定では、メーリングリストのメールアドレスがTo:又は Cc:に入っていないとフィルタリングされますので、以下のようにMailmanの設定を変更していただく必要があります。

[プライバシー・オプション]→[宛先フィルタ]→[投稿にはリスト名が宛先(to, cc) に含まれていなければならないでしょうか?] を[いいえ]にチェック

[明示的な To: または Cc: に入っていると このリストへの配送を行うような別名(正規表現)]に 「all@example2.com」 と指定

[変更を送信する]ボタンを押す

普通配送会員へのメールに付加されるフッタ(msg_footer)の設定

メーリングリストのフッダ情報は初期設定では、以下のような表記となります。
メーリングリストの本文表示例

All2 mailing list
All2@example2.com
http://lists.example2.com/mailman/listinfo/all2
初期設定値

%(real_name)s mailing list
%(real_name)s@%(host_name)s
%(web_page_url)slistinfo%(cgiext)s/%(_internal_name)s

初期設定値

%(real_name)s mailing list
%(real_name)s@%(host_name)s
%(web_page_url)slistinfo%(cgiext)s/%(_internal_name)s

設定変更例)

all@all@example2.com メーリングリスト

以上の設定で、「all2@example2.com」メーリングリストを「all@example2.com」として利用するための最低限の設定は完了です。
なお、管理ページ等は「all2」の表記のままとなります。あらかじめご了承ください。