回答

Web上で SSLサーバ証明書を運用する場合には、1つの SSLサーバ証明書に付き固有のグローバルIPアドレスが1つ必要となります。
Flex Mini Cucbe / Flex Web / Flex Mini 2 / Flex Mini /SolaCloud / VPS /FPSサービス/ 専用サーバをご利用の場合、1つ目のSSLサーバ証明書に関しましては、サーバ自体のIPアドレスを使用することができます。
VPS・FPS・専用サーバで2つ目以降のSSLサーバ証明書を運用いただく場合には、設定するSSLサーバ証明書と同数のIPアドレスをサーバに追加する必要がございます。

Flex Mini Cucbe / Flex Web / Flex Mini 2 / Flex Mini /SolaCloud / VPS /FPSサービス及び一部の専用サーバサービスでは無償での IPアドレスのご提供が1アドレスまでとなっており、追加1アドレスごとに1,000円/月(税抜き)にて割り当てさせていただいております。

詳しくはIPアドレスの追加、または、FAQ:サーバへ割り当てるIPアドレスを追加することはできますか?をご覧ください。

なお、コントロールパネルに「Webmin」 および、「コントロールパネルなし」をご使用のサーバでのバーチャルドメインについては、弊社では設定の代行などのサポートは行わせていただくことができません。
SSLサーバ証明書に関しましては証明書・秘密鍵を設置のみ行わせていただき、メールにてご案内させていただきます。

お手数ですが、ウェブサーバ(Apache)の設定についてはお客様にて行っていただけますようお願いいたします(DNS、Apacheの設定に関する技術的な知識が必要となります)。

また、Pleskサーバのサブドメインへは設定できませんため、ご要望のドメイン名(例:subdomain.domain.co.jp)にてバーチャルドメインを作成いただいた後、IPアドレスの追加をお申込をお願い致します。

なお、対象ドメインのプライマリDNSがご利用のサーバと同一でご利用されている場合は、すでに利用しているドメインのIPアドレスを変更してSSLを適用する場合、DNS変更の際に一定時間ウェブサイトが正常に見えない状態となります。