回答

これらのツールで防御する範囲は、プロトコル単位で防御しますが、Web 改ざんチェックサービスがチェックする範囲は、個別のアプリケーションレベルで防御します。