回答

Webmin でDNSレコードの変更をおこなう場合には、以下のTTL値の設定変更をレコードの変更前(24時間前まで)にいただくことを強くお勧めいたします。理由と致しましては、DNSレコードの変更内容の” 浸透 ” を早めるためや、問題があった際に ” 切り戻し作業 ” をスムーズにおこなうためとなります。もし、TTL値の変更を事前におこなわない場合は、標準値のTTL値(理論値 86400秒=1日)での浸透となります。

0.事前準備
TTL値を短くする方法につきましては、以下のFAQをご参照ください。
Webmin(CentOS 7)で、TTLを変更したい


example20121.com ドメインのAレコード変更する例となります。
(主に、利用するWebサーバを変更されたい場合など)

 例□)変更前IPアドレス:123.123.123.123
    ■)変更後IPアドレス:123.123.123.124

1.Webmin にログイン
2.画面左の[BIND DNSサーバ]を選択
3.“変更対象ドメイン”を選択

4.「アドレス」を選択

5.変更対象のレコードを選択します。

 6.[アドレス]欄に、変更後の” IPアドレス”を入力し、[保存]ボタンを選択します。


最後に、ネームサーバを再起動し、反映させます。
  7.[起動および、シャットダウン]を選択
  8.「named-chroot.service 」の左側のチェックボックスを選択

9.画面下の「選択したものを再起動」のボタンを選択

10.以下の画面になれば、レコード変更作業が完了となります。