■問題の概要
マイクロソフトより、2018 年 5 月の更新プログラム適用によるリモート デスクトップ接続への影響が公開されました。
それによりますと、「接続元クライアント5月更新プログラム提供状態+接続先サーバ3月適用更新プログラム未適用」の場合、Windowsのリモートデスクトップ接続ができなくなる可能性がございます。

・2018 年 5 月の更新プログラム適用によるリモート デスクトップ接続への影響
https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2018/05/02/2018-05-rollup-credssp-rdp/

■解決方法
2018 年 5 月の更新プログラム適用後、リモートデスクトップ接続ができなくなった場合、お客様環境の接続元クライアント側のKBを削除し、接続先サーバ側のKBを適用した後に、接続元クライアントのKBを再度適用してくださいますようお願いいたします。
なお、接続元、接続先の対象KBに関しましては以下をご参照ください。

・2018 年 5 月の更新プログラム適用によるリモート デスクトップ接続への影響(「5. 参考情報」 をご参照ください)
https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2018/05/02/2018-05-rollup-credssp-rdp/#menu5

もし、先の方法が難しい場合は、以下をご参照し実施していただきますようお願いいたします。

・2018 年 5 月の更新プログラム適用によるリモート デスクトップ接続への影響(「4. 回避策」 をご参照ください)
https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2018/05/02/2018-05-rollup-credssp-rdp/#menu4