回答

Common Name (コモンネーム)とは、SSL証明書を導入し、SSL暗号化通信を行うサイトのURL(FQDN)を指します。
「https://~」される際に、ブラウザにアドレスとして指定する URL と一致している必要があります。また、ブラウザは SSL暗号化通信の際、指定したアドレスと接続先のウェブサイトの SSL証明書のコモンネームが一致しているかを確認し、一致しない場合には、警告を表示します。

例)  弊社のウェブサイトにあるサービス注文フォームなどに対して使用するSSL証明書の場合のコモンネームは、以下のようになります。
URL: https://svc.clara.jp/service/flexmini2/order/order.php
コモンネーム: svc.clara.jp