PuTTY の設定方法

※弊社とご契約がある方向けの設定マニュアルとなります。PuTTY単体のサポートはおこなっておりません。

PuTTY の設定方法を解説いたします。
(PuTTY ごった煮版を使用して解説いたします。)

[入手方法]

PuTTY は、Simon Tatham 氏によって作成された、フリーのSSH クライアントソフトです。「PuTTY ごった煮版」は日本語に対応パッチをあてたバージョンです。 ソフトウェアの入手、また詳しい内容については http://hp.vector.co.jp/authors/VA024651/PuTTYkj.html をご覧ください。

1.PuTTY を起動させる

デスクトップなどにあるWinSCPのショートカットまたは[すべてのプログラム]から「PuTTY」を起動させます。

2.新規セッションを作成する

「カテゴリ(G)」のセッションの項目を設定してください。設定内容は下表を参考に入力してください。

接続先の指定 ホスト名
(またはIPアドレス)(N)
アカウント設定完了通知の「ご契約ホスト名」または「IPアドレス」を入力してください。
ポート番号(P)
「22」に設定してください。
接続タイプ
SSHにチェックを入れてください。
セッションの
読込、保存、削除
セッション一覧
設定名を入力してください。

以上の設定をして「保存」ボタンをクリックしてください。設定が保存され、 次回からはユーザー名・パスワードの入力のみでログインできます。

3.ユーザー名を入力する

「login as:」の後ろに「root」またはお客様が作成したユーザーのユーザー名を入力し、Enterキーを押してください。

4.パスワードを入力する

3.で入力した「ユーザー名に対応するパスワード」を入力して、Enterキーを押してください。

5.ログインする

ログイン成功しますと、下のスクリーンショットのような表示になります。

ログイン後はシェルコマンド使用してサーバをご利用ください。

上手く接続できない場合

接続元制限解除が行われているかご確認ください。

弊社のサービスではセキュリティ確保のため、FTPやSSHプロトコル、および「Webmin」によるサーバ接続についてアクセス元を制御させていただいております。
現在の接続元は制限解除が行われているかご確認ください。接続元がわからない場合は以下のページでご確認ください。


暗号化アクセス元確認ページ
https://spt.clara.jp/manual/web/server-access/check-env

接続元制限解除を行われていない場合は「接続元制限解除のお願い」をご覧になって制限解除のお手続きを行ってください。