[カテゴリ一覧へ戻る]


回答

以下のケースに当てはまる場合、初期設定でメールの送信ドメイン認証(SPFレコード)の設定をおこなっております。

当該ドメイン名のプライマリDNS サーバを、Plesk9 以降をご契約サーバにて運用される場合、送信ドメイン認証(SPFレコード)が初期設定にて設定されます。

※「対象ドメインのDNSサーバ運用例」
    ns.example.com (Plesk9 環境のご契約サーバ)
    nsx.clara.ne.jp

初期設定にて設定されるSPF レコードは以下の通りです。

    初期設定  v=spf1 +a +mx ~all

設定内容は、「ドメイン名のA レコード」、および、「MXレコードで指定されるるホスト名のIPアドレス」からの送信のみを許可し、許可されていないIP アドレスからの送信は、SoftFail と判定される設定となります。

Category: メール

回答

2018年7月現在のところ、正逆が不一致の場合や、SPFレコード等が公開されていない場合などに、迷惑メール判定されてしまう場合がございます。詳細につきましては、下記URLをご参照ください。

Gmailヘルプ 一括送信ガイドライン

お客様にてGmail Postmaster Tools等をご利用いただき、お調べいただきますようお願いいたします。
具体的な操作方法等につきましては、Google社のサービスとなりますため弊社サポートの対象外となります。

お客様側で、正逆が一致しているか否かをご確認させる方法と致しましては、下記FAQをご参照ください。

正逆不一致になっていないかどうかを確認したい。


なお、弊社側で管理をおこなっておりますIPアドレスの逆引きIPアドレスをご変更される場合は、ホスト名変更のお申込みが必要となります。詳細につきましては、下記FAQをご参照いただけますでしょうか。

サーバのホスト名(ドメイン名)を変えたいのですが。

Category: メール

回答

誠に恐れ入りますが、SPFレコードはお客様の使用意図によって記載方法が多岐にわたりますため、SPFレコードの記述内容につきましては弊社ではサポートさせていただくことができません。

そのため、関連サイト等を参考にしていただき、設定内容をご確認いただけますでしょうか。
SPF レコードにつきましては、外部サイトとなりますが、以下サイトを参考にご設定をお願い致します。

■SPF(Sender Policy Framework)
http://salt.iajapan.org/wpmu/anti_spam/admin/tech/explanation/spf/

Category: メール

Load More